検索

脂肪を燃やす脂肪?!




こんばんは。久住です。


今日は、昨日に引き続き「脂質」について簡単に説明します。




「脂質」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?


ポテチ、お肉、油、バター、ラード、、、



何となく水に溶けずに


ドローっとしていて

ダイエットの敵!というイメージかと思いますが




世の中にはダイエットの味方になる脂肪が存在します



脂肪を燃やすために脂肪を食べるなんて

誰が想像したでしょう?




では解説していきます。



脂質には、

単純脂質、複合脂質、誘導脂質など様々な種類が存在し、


40種類もの脂肪酸を主にして構成されていますが



これらは大まかに分けると、

「良い脂質」と「悪い脂質」の2種類に分類できます。




この「良い脂質」は適度な摂取により

体の脂肪を燃やしてくれる効果があり、



脂肪を落としたい方は、まず

「悪い脂質」を極力排除するのがファーストステップです。



徹底的に排除してしまうと、

善玉コレステロールや脂溶性ビタミンも減ってしまうので、

「極力排除」が私のオススメです。





では何が良くて、何が悪いのか?



ここでいう「悪い脂質」は

インスタントラーメンやバター、生クリームなど、

いわゆる皆さんが想像する

体に悪そうな脂肪に含まれる「飽和脂肪酸」



「良い脂質」は

魚に含まれるフィッシュオイル、オリーブオイルなどの

「不飽和脂肪酸」を指します。




ただ残念なことにこの良い脂質、


魚から十分な脂質量を食べられる方は

ごく僅かです。


そんな方のために、DHA・EPAなど

「フィッシュオイル(魚油)」

といったサプリメントが存在します。



日本よりアメリカではポピュラーな存在で、

ヤンキースに所属するマー君こと田中将大選手も摂っていることで

話題となりました。


日本でもドラッグストア等で手に入りますので


魚から取れない分をダイエットの手助けに

使用してみてはいかがでしょうか?



また、2つ目、オリーブオイルの中でも


特にオススメしたいのは

鮮度の高いエクストラヴァージンオリーブオイルです。



油は料理で多用するので、


キャノーラ油やゴマ油から変えて、

適度な運動もプラスしてあげると


きっとあなたのウエスト周りにも変化が出ることでしょう。



1日の適量はティースプーン2杯程度となりますので

くれぐれも取りすぎてカロリーオーバーには気をつけましょうね!






© 2023 by Powerhouse Fitness. Proudly created with Wix.com